哲ちゃんの下呂探訪! 高山本線全線開通80年記念探訪 飛騨小坂駅編






2014年
飛騨小坂駅
高山本線全線開通80年記念探訪 飛騨小坂駅編
★高山本線全線開通80年記念探訪★
ワイドビューひだ 今回、高山本線全線開通80年を記念し、下呂市内にある8つの各駅を探訪し周辺の地域の人達の回想録や、その地域の資源を紹介し、高山本線全線開通80年を祝福すると同時に、駅と共にこれからもこの地域が限りなく栄えてほしいとの願いを込めて、各駅紹介シリーズを企画しました。
飛騨小坂駅は、下呂市小坂町大島に位置し、昭和8年(1933年)8月25日に開業。 普通列車と一部の特急列車が停車します。
駅舎は、霊山御嶽山の飛騨側からの登山口であったことや当時は豊富な国有林に恵まれた事もあって、開業当初から山小屋風の丸太造りで独特の雰囲気をかもしだしていました。駅舎とプラットホームは地下道で結ばれています。又、駅舎の丸太造りが評価され中部の駅百選にも選ばれています。
現在は下呂駅管理の無人駅で、毎日の乗車客(降車客は含まず)は、約100人程度ですが、日頃から地域の皆さんの駅への思いを強く感じています。
飛騨小坂駅
飛騨小坂駅
★飛騨小坂駅前で旅館と土産物屋を営んでいた波多腰文子さんに思い出を寄稿していただきました。
波多腰文子さん 約80年前(1933年)開業の飛騨小坂駅は、霊峰御嶽山の玄関口で、昔は木材の輸送も多く林業も盛んだった。私のお土産店は駅前にあり、駅と友の様に日々を送って来ました。今でも当時が懐かしい思い出です。
当時、御嶽登山バスが運行し、60年代には年間乗客数は20万人を超えたようです。又、夜行列車で来られる方が多く、御嶽教の信者さんの団体も多く来られました。そんな時代でしたから駅前には沢山のお土産店や食堂なども沢山ありました。でも、次第に登山客も長野県側に奪われ、乗降客も少なくなりました。これも時代の流れなのかと寂しく感じるこの頃です。        波多腰 文子:記
かつて旅館と土産物店であった波多腰さん宅 飛騨小坂駅前の観光アーチ 飛騨小坂駅ホーム看板
かつて旅館と土産物店であった
波多腰さん宅
飛騨小坂駅前の観光アーチ 飛騨小坂駅ホーム看板
波多腰さん、唐突に大変面倒な寄稿をお願いしたにもかかわらず気軽にお引き受けいただき有難うございました。
★「はとや」社長の林永春さんとの思い出話・・・。
商工会に勤務している頃から親しくしていただいていた駅前の「はとや」に久しぶりにお邪魔し、林さんと今HPで高山線全線開通80年記念の特集を組んで小坂駅から金山駅までを紹介していると話をしながら、私も昭和38年から3年間高山の高校へ汽車通学をした関係で、小坂にも赤沼田の桂木君・大島の前田君・佐野君・中島君・中村君・坂下の古谷君などの友達がいたことを話しました。
そんな話しの中、前田君の話になり駅前で豆腐店を営んでいた事やその後前田君の姉ちゃんがスナックをやっていた事を聞き、1回か2回、かごめの盛明君と飲みに来た記憶が蘇って来ました。佐野君の所は駅前からチョット入った所で寿司屋をやっていたと記憶しています。又、小坂駅の全盛期は駅前で皆土産物店をしていたそうです。又、トンちゃんと言えば「はとや」が有名で何かの集まりでイッパイ飲むと言えば必ず「はとや」のトンちゃんが定番でした。お店は、先代が永春さんが5歳の時ここで創められたそうです。
林永春さんと奥さんの美年子さん トンちゃんの「はとや」
色々お忙しい所、親切に永春さんと奥さんの美年子(みねこ)さんが相手をして下さり、記念にお2人のツーショットを撮らせていただきました。有難うございました。
★飛騨小坂駅周辺の見どころ★
・霊峰御嶽山(頂上濁河温泉から6.5Km、徒歩4時間30分)
霊峰御嶽山 御嶽山山開き
富士山・白山と共に三霊山と呼ばれ、信仰の山として知られる。標高3,067mの独立峰。
・小坂川
清流小坂川 絶好の渓流釣り場
御嶽を源流とし、小坂町内だけを流れ、益田川(飛騨川)に合流する約28Kmの清流。絶好の渓流釣り場として知られる。
湯屋温泉 飲泉場 下島温泉 ひめしゃがの湯 濁河温泉
湯屋温泉 飲泉場 下島温泉 ひめしゃgの湯 濁河温泉
巌立とがんだて公園 滝見物遊歩道 中川原キャンプ場
巌立とがんだて公園 滝見物遊歩道 中川原キャンプ場
道の駅「飛騨小坂はなもも」 長谷寺(桂門と仁王様) 浄福寺のしだれ桜
道の駅「飛騨小坂はなもも」 長谷寺 一見の価値あり! 浄福寺のしだれ桜

下呂市の未来のために! 発想喚起!
 Topページ
哲ちゃんの下呂探訪へ
TOPページへ