哲ちゃんの下呂探訪! 高山本線全線開通80年記念探訪 下呂駅編






2014年
下呂駅
高山本線全線開通80年記念探訪 下呂駅編
★高山本線全線開通80年記念探訪★
ワイドビューひだ 今回、高山本線全線開通80年を記念し、下呂市内にある8つの各駅を探訪し周辺の地域の人達の回想録や、その地域の資源を紹介し、高山本線全線開通80年を祝福すると同時に、駅と共にこれからもこの地域が限りなく栄えてほしいとの願いを込めて、各駅紹介シリーズを企画しました。
下呂駅は、下呂市幸田に位置し、昭和3年(1928年)3月21日に開業。下呂温泉の玄関口の駅として、全ての特急列車が停車し、年間を通して観光客の利用が多い。駅は、単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線のホームを持つ駅。駅長・駅員配置駅(直営駅)で管理駅。飛騨金山駅・焼石駅・禅昌寺駅・飛騨萩原駅・上呂駅・飛騨宮田駅・飛騨小坂駅の各駅を管理している。
「天下の三名泉」下呂温泉駅の玄関口を出ると、周囲にはみやげ物店・飲食喫茶店等数多くの各店が軒を連ね温泉駅の雰囲気をかもし出している。
下呂駅
下呂駅
下呂温泉の顔に相応しい水明館や手ごろな睦館など風情ある温泉街を通過し、下呂大橋下の川原に作られた公共露天風呂を眺めながら渡ると一方の温泉街が軒を連ねている。
★下呂駅 の北側で飲食店を営んでいる「支那そば角屋」の奥さん田川瞳さんに思い出を寄稿していただきました。角屋との出会いは、「支那そば」からでした。そこら辺には無い味で後を引く味でした。特に私は、後味の油がとっても好きでした。商工会に勤務している頃は、奥田龍生君と野ア敏明君と一緒に昼飯や出張帰りによく食べに行った思いがあります。★
田川 瞳さん 子どもの頃、昭和天皇両陛下がお召し列車で下呂へ向かわれる時、白川口駅プラットホームでお迎えのため皆で旗を振っていると、菊のご紋が目に留まりました。黒い煙を出し蒸気機関車はあっという間に私たちの前を通過し、線路だけをずっと見つめていたことを思い出します。
大人になり、縁あって白川から下呂温泉へ嫁ぐことになり、列車に乗って下呂駅で下車。当時はまだ道路も舗装されておらず、下呂駅から嫁ぎ先まで線路に沿って、でこぼこ道を嬉しさと不安をいだきながら歩いて行きました。当時からすると今は温泉街としての環境も随分整備され、素晴らしい下呂温泉街になりました。
あの頃は、夜行列車があり遅く帰って来る人をよく見かけました。又、観光客も夜遅くまで飲み屋や飲食店遊戯所などで遊んで温泉街も遅くまでにぎわっていました。
時代もどんどん変わり、下呂温泉に来ていただける団体観光客も昔は列車での旅行が多かったが、道が良くなるにつれて観光バスで来ていただける団体さんも多くなり、最近は自家用車と変化はして来ましたが、寿命が長くなり高齢化が進むにつれて、将来リニア新幹線の完成もあり、列車での旅行も増えるかもしれません。
今思えばあの頃のなつかしい思い出がよみがえって来ます。そして、下呂温泉の発展を願って、今後とも元気に商売に励みたいと思います。そんな意味合いも含め、高山本線全線開通80年を祝福したいと思います。
                                             田川 瞳 記
支那そば 角屋 人気の「支那そば」
支那そば 角屋 人気の「支那そば」
下呂駅ホーム看板 下呂駅待合室 下呂駅前のみやげもの店
下呂駅ホーム看板 下呂駅待合室 下呂駅前のみやげもの店
下呂駅周辺の見どころ
天下の三名泉「下呂温泉」 足湯めぐりも楽しい! 下呂温泉合掌村
天下の三名泉「下呂温泉」 足湯めぐりも楽しい! 下呂温泉合掌村

下呂市の未来のために! 発想喚起!
 Topページ
哲ちゃんの下呂探訪へ
TOPページへ