日本の考古天文学 金山巨石群と太陽暦 岐阜県下呂市金山町
調査活動11998年‐2000年 
| 1998〜 | 2001〜 |
2004〜2007〜2010〜2013〜 | 2018〜



1998.6 巨石群と太陽運行との関連を調べ始める
1998.8.14 岐阜新聞掲載 「岩屋の巨石群縄文暦の遺跡か」
岩の線刻など天体運行に符合
1998.8.24-26 <線刻石のある巨石群>一部整備(金山町)
1998.8.30 (東の山巨石群) 発見
1998.9.1 金山巨石群周辺調査委員会発足
1998.12.7 斎藤国治先生(古天文学創始者)宅訪問(岐阜TV収録)

1999.1.1 岐阜TV放送特番「いにしえの誘い」放映(60分)
1999.1.1-31 「岩蔭遺跡写真展」 開催/GALLERY OOFUKU
(金山巨石群調査資料室) 写真左
1999.3 現地案内看板完成 写真左 
主要観測ポイント(案内図/印刷用)
1999.8.8 後藤晶男先生(日本暦学会副会長) 現地視察 
写真左
1999.8.20 岐阜新聞掲載 「古代暦専門家も注目」
天体と符合、国内初
1999.9.26 後藤先生、2度目の現地視察…(秋分の頃)
1999.10.24-31 第14回国民文化祭ぎふ’99出展(写真左)
1999.12.11 斎藤国治先生宅2度目の訪問(後藤先生同行)
写真左
1999.12.21 後藤先生、3度目の現地視察…(冬至の頃)

2000.2.10 第1回・新聞報道記者会見/GALLERY OOFUKU
※金山巨石群周辺調査委員会の発表
2000.2.14 第2回・新聞報道記者会見/金山町役場・後藤先生立会
2000.2.15 岐阜新聞掲載 「太陽の軌跡節目で観測」
古代暦に活用か−金山町の岩屋岩蔭遺跡
2000.2.15 朝日新聞掲載 「冬至縄文人も知っていた」
太陽の沈む位置記した線−金山町の巨石群
2000.2.15 中日新聞掲載 「古代人の暦は1年を6等分」
巨石群などに差し込む日光に規則性
2000.3.16 読売新聞掲載 「縄文時代に暦を知る装置」
岩のすき間から差し込む太陽光を利用
2000.3.20 「岐阜県超古代文化地域フォーラム」開催 写真左
2000.3.21 岐阜新聞掲載 「周辺の巨石群テーマにフォーラム」
講演や討論に愛好者ら500人
2000.3.21 朝日新聞掲載 「巨石は暦」仮説を検証
金山でシンポ
2000.9−2001.2

光記念館(高山市)パネル展示及び講演会 写真左

2000.11.11-30 JR岐阜駅ACTIVE-G パネル展示 写真左

1998〜|2001〜2004〜20072010〜2013〜2018〜

copyright(C)2001-2020 金山巨石群調査資料室 AII Rights Reserved.