岐阜県下呂市金山町
日本に数多くある巨石遺跡の中で、金山巨石群は、 組織的な考古天文学的調査が行われた最初のサイトです。 この調査によって、3箇所にある巨石の石組みはいずれも、 イギリスのストーンヘンジのように
太陽暦として機能するように設計され建設されたと推定される、
いくつかの事実が明らかになりました。 
NEW WEB SITE 編集中です!

ガイドご希望の
団体様・個人の皆さまへ

18年間におよぶ記録の集大成 初の公式ガイド本発売!(2016年 9月発売) ONLINE SHOP
日本初!古代太陽暦の証を発見 
金山巨石群の「縄文」太陽観測ガイド  
小林由来 徳田紫穂 〔著〕 
 A4判/72ページ/1200円+税/三五館

当ウェブサイトでは更新しきれなかった、金山巨石群での長期的観測による閏年サイクルの精度についての分析データを盛り込んだ「縄文金山暦法」の実態を、フルカラーで写真やイラストを豊富に使用し解説しています。古代から現代を生きる地球人のための天文学が今も飛騨の山中で静かに時を刻んでいます。このガイドブックを手に、巨石のパワーを感じながら太陽と向き合ってみませんか? あなたにとってきっと新しい何かが見つかるはずです。

copyright(C) 2001-2018 金山巨石群調査資料室 AII Rights Reserved.   
金山巨石群と太陽暦  日本の考古天文学と巨石群
Archaeoastronomy in Japan